FIN SETTING

o0800059811067653002

フィンのセッティングだけで、サーフボードの性能を大きく変えることができることを知っていますか?
フィンはサーフボードの性能を左右する最も重要なパーツです。
ボードが自分に合っていても、フィンが合っていなければその性能を十分に引き出すことはできません。
逆に、ボードが多少合っていなくても、フィンのセッティングをうまく調整することで、自分に合ったサーフボードの特性に近づけることができます。

フィンは横滑りを防ぎ、それを推進力に変える装置です。
たとえばボードのスピードがもう少し欲しい場合、フィンをワンサイズ大きいものに変えると、グリップが良くなりスピード性が改善されることがわかっています。
グリップの良さは安定感にもつながるのですが、グリップが良くなり過ぎるとコントロールが難しくなってしまうので注意が必要です。
上級者は、そのしっかりしたグリップをうまく使って、さらに厳しいマニューバーにつなげることができるかもしれませんが、そのシビアな反応は必ずしも良いことばかりではありません。
グリップの甘さは、ちょうど車のハンドルのあそびのようなものです。
初中級者にとっては、グリップの甘さから来る小さな横滑りが、乘りやすさを生み、ターンのきっかけやレールの切り返しを楽なものにしてくれています。
もし今の自分のボードのセッティングで、ワイプアウトが多かったり、レールを寝かせることが難しかったりする傾向がある場合、フィンをひとまわり小さなものに変えてみると改善されることがあります。

また、トライフィンのセットですが、3枚とも同じフィンを使うことが必ずしもベストなわけではありません。仮想フィンの位置が移動する
トライフィンの場合、前側(サイドフィン)のフィンに大きいものを選び、後側(バックフィン)に小さいものを付けると、加速性が上がり、小回りがきく小波用のセッティングとなります。
一般的なFCSですとサイドにM7、バックにM3を組み合わせるといった感じです。
これに対し、大波用のセッティングでは、サイドにM5、バックにM7、あるいは、サイドにM3、バックにM5を組み合わせることによって、サーボードが落ち着き、スピードが上がっても安定したコントロールができるようになります。
これはトライフィンのようなマルチフィン(複数フィン)の場合、複数のフィンが集まって1枚の仮想的なフィンを作っていると想像してください。
この組み合わせる前後のフィンの大きさの違いによって、フィンの位置は同じでも仮想フィンの重心が前後に移動するということで説明できます。

もし、自分のボードの乗り味に満足していないのであれば、もう一度フィンについて、シェイパーと相談してみてはいかがですか?
改善の方法は、まだまだたくさんありますよ!