MACHINE SHAPE

TS3O0056

あなたがプロをめざすコンペティターの場合にはマシンシェープを薦めます。
現在の試合の採点方法では、ジャッジは1つ1つのマニューバーに最大のパワーとコントロールを要求しています。
サーフボードに安心して最大のパワーを加えることができるためには選手とボードの間に100%の信頼関係が必要です。
ロッカーの大きさ、レールのフォイル、アウトラインのバランス、コンケーブの配置など、サーフボードが高い次元で選手の体型や乗り方に合っていなくてはなりません。
試合シーズン中、そのようなボードを安定して何本も供給し続けるためにはマシンシェイプのように再現性の高いシステムで微調整を繰り返し、一歩一歩確実にベストなボードに近づけて行く方法が最適だと考えています。

OGMの保有するサーフボードデータの中には過去に優勝を何回も経験した非常に完成度の高いモデルがいくつかあります。
マシンシェイプの1本目のオーダーは、この性能が保証されたチャンピオンボードをベースに、あなたの体型に合わせサイズやロッカーを決定、サーフィンのスタイルやさまざまな要求に応じた最適なチューニングを加え、最強のボードを設計します。

そして、2本目からはあなたの名前の入ったモデルがベースとなります。
前回のボードをさらに発展させたり、新しいテイストを加えたりすることで今以上に最適なボードを手にすることができます。
たとえば、今のボードは最高に気に入っているんだけど、あと少しだけセクションをぬけるスピードが欲しいと思った場合、他の部分をまったく変えずにコンケーブだけ深くするとか、テールロッカーだけ弱くするといったことが可能です。
あるいは、その気に入っているボードのアスペクト比を変更することで、その乗り味のDNAを受け継いだまま小波用や大波用のボードに変更することが可能となります
わたしの行っているマシンシェイプは単にマザーボードの長さ、幅、などを変更したり、同じボリューム(体積)のまま、幅や厚さを調整するとかいった、量産型の単純な方式は行っていません。
つねに進歩を意識しながら微調整をくり返し、一歩ずつ確実にあなたの最適なサーフボードに近づけて行きます。
この意味では、わたしのマシンシェイプでのアプローチはかなりハンドシェイプ的であると言えます。

OGMのマシーンシェイプのボードデータは、病院のカルテと同じです。
前回のボード、前々回のボードなどから的確なボードデザインを推測し、
いままで偶然的に生まれていたマジックボードを必然的に作り出します。
もちろんあなたが過去に作ったボードデータはすべてPCの中に存在するため、いつでも再現することや、加工することが可能です。