PRB

ogm4514NSA全日本選手権のとき支部対抗で行われるパドルレース用のボードをシェイプしました。
NSAのレギュレーションは長さ2m以下ということで、6’8″の198cm。ogm45144なかなか考えがまとまらず、ほとんどノープランのままシェイプをスタート。
ブランクスは鴨川のシェイプルームの天井で、ほとんど断熱材代わりになっていた20年以上前のウインドサーフィン用のEPSです。
いくら軽いとはいえ、むかしのEPSは、ふかふか、プニョプニョ、近年のEPSの進歩を改めて感じました。
ロッカーが弱いため、ノーズを1mほどカットすると、妖怪「ぬりかべ」ってイメージです。
アウトラインを切った段階ではロッカーがゼロなので、どっちをボトムにしてもシェイプ可能かのう?なんて心の中で言いながらシェイプを続けます。
最初はカヌーのようなラウンドボトムのボードを考えたのですが、NSAのパドルレースはリレー形式でいろんな体重の選手が乗ることを思い出しました。
考えてるうちに気が変わって、サーフボードのようなフラットボトムに変更です。
きっとカヌーみたいなボトムの方が早いだろうな~と思いつつも、波に乗ったときはフラットな方がコントロールしやすいはずだ、などどと自分に言い聞かせてシェイプを続行。
ボトムの弱~~いロッカーをシェイプするのは、けっこうたいへん仮面でした。
デッキのコンケーブはオマケです。
あえて意味を付けるのであれば、パドルの時のコロコロ感を抑えるためかな?
最初は4インチ以上あったのですが、体重の軽い選手にはハードル高いかな?ってな感じで・・・・・・
うまく走ると良いのですが・・・・・・
z__ 2
z__ 3

10404293_767167586703017_6359131721865510436_n

SHORT

GHD

GM

MC-1

THE #8

OVER DRIVE

MID RANGE

FAT-3

SHUTTLE

FAT-1

CAT

MAGIC FISH

LV-4

SECTOR-5

LONG

PERFORMER

HPNR

CLASSIC

OTHERS

SUP

PRB

SPEED TRIAL

KNEE BOARDS

ANIMAL

DANDYくん

URASHIMA-4

マンタくん

マーメイド

どっちも君

アッシーくん

大王くん