H-1 (1989)

OGM社が1989年に作った初代のシェイプマシン(ロッカーマシン)です。
当時、私は31歳、ウインドサーフィンの流行に伴い、ディックブルーワーを始めサーフボードの多くのシェイパーがセイルボードをシェイプした時代です。
ウインドサーフィン界では、揚力抗力比の改善をシェイパーたちが競い、マウイでは毎日のようにR&Dが繰り返されていました。
ボードのテストには、同じ失敗を繰り返さないためにもロッカーの数値化が不可欠で、また、優れたボードを作るためにはボードの長さごとに作られた、カーブの少しづつ違った沢山のロッカーテンプレートが必要でした。
このシェイプマシンH1は、フレックス性のロッカーガイドに沿ってプレーナーを動かし、ロッカーをカットする方式のもので、コントロールは手動ですが、数値で管理する方式を持ち、当時としては画期的なものでした。
コンピュータで計算した最適な数値をロッカーに用いたり、逆に最速のボードのロッカーを、この機械を使って数値化したりしていました。

この頃からサーフボードの数値化はOGM最大のテーマです。
設計図というかラフスケッチも出てきました。
CCI20150119_00000CCI20150119_00002CCI20150119_00008CCI20150119_00003CCI20150119_00005CCI20150119_00006