カテゴリー別アーカイブ: CONCEPT

ハンドルのあそび

「ハンドルのあそび」って聞いたことありますか?
ハンドルを左右に軽く回した時、タイヤが動きだすまでの余裕の部分のことで、これがあることによってハンドルを固定していても、タイヤが一定の範囲内で左右に自由に動き、クルマがまっすぐに走り運転しやすくなるのだそうです。
一見あそびなど無い方がタイヤの向きがしっかりと固定されるのでまっすぐに走れそうな気がしますが、路面は完全に平滑ではないので、小さな凹凸にタイヤがいちいち反応してしまいクルマは左右に蛇行してしまうそうです。
また、ほんの少しハンドルを動かしただけですぐにクルマが反応してしまうので、ふらついて運転は非常に神経質なものになります。
ハンドルにあそびがあることで自動的にタイヤの向きが変わり、路面の凹凸を吸収しクルマは慣性の法則に従って直線に走るのだそうです。

これと良く似たことがサーフボードデザインの世界にもあります。
たとえば現在ほとんどのサーフボードに見られるコンケーブですが、よく見ると図のようにセンターから前のレール寄りの部分には入っていないことがあります。
もしコンケーブの効率だけを考えるのであればレールぎりぎりまでコンケーブを施したほうがボードスピードは上がるのかもしれませんが海面は平坦ではありません、しかもボトムターンやオフザリップ、スラッシュなどサーフボードはさまざまな使われ方をするため、ライディング中、ボードのボトムに水が進入する角度は真っ直ぐ前からではないことの方が多いのです。
あまりレールの際までコンケーブを施しても結果的にレール(エッジ)がシャープになりすぎてボードをコントロールするのが難しくなり、最終的にはスピードの出せないボードになってしまいます。

似たような考えはテール付近のエッジの立て方にも現れています。
サーフボードのグリップだけを考えるのであればアウトラインの一番外側にエッジを付けることがベストなのかもしれませんが、最近ではレールをタックさせ、何ミリか内側にエッジを施したサーフボードが多く見られるようになってきました。
これもテールの沈み過ぎやコントロール性を意識することで生まれたデザインだと考えられます。

フィンに関してもフォイル(断面)のリーディングエッジ(前縁部)に同じようなデザインの変化が見られます。
リーディングエッジはフィンに当たった水を圧力面と負圧面とに分ける重要な部分です。
水の抵抗を考えればシャープにした方が前方からの抗力が少なくなると思われますが、あまりシャープにしすぎると水流が境界層剥離を起こしやすく、進入する水の角度のちょっとした変化にフィンがシビアに反応し過ぎてしまうため、コントロール性を落ち着かせるためこの部分を少し丸く、鈍くしたものが増えてきています。

動力を持たないサーフボードは波から推進力を得ます。
どこのポジションにボードを持って行けばスピードが得られるのか、どうすればスピードのロス無くターンできるのか、サーフボードのエンジンに当たる部分はすべてコントロールにかかっています。
効率良く波のパワーを手に入れるデザインも重要ですがそのポジションに行くためのコントロール性はさらに重要です。
ロッカーやコンケーブ、水からの揚力と抗力などの理論的な効率と、ライダーが直接感じるコントロール性の両面からサーフボードを考え、シェイパーはさまざまなデザインを模索しています。

サーフボードは1つの要素で言い切れるほど単純ではありません。
ここがこうなっているからダメだとか、こうなっているから良いなどと言えるような部分的に判断できるものでは無く、すべてが連携した微妙なさじ加減のようなバランスが求められるのです。

このボードはコンケーブが深いから速いなどと簡単に決めつけずにボード全体を良く見てラインのつながりやまとまり、ロッカーとアウトラインの調和やレールのボリュームなど、乗りやすそうなボードを選ぶことが大切です。
そして何よりも自分の求めるサーフィンに合っていることが重要です。

今回お話したことは、おしるこにちょっとだけ入れる隠し味の塩のようなもので、一つ一つは本当に小さなものですが、これら一つ一つの積みかさねで確実にスピード性が高く、コントロール性の良いサーフボードが生まれています。

Gランドに着くと最初にお世話になるこのトラックのハンドルの遊びは1回転半もありました。 橋の上から落ちそうになった記憶があります。

コンケーブの話

 

 

コンケーブの話

近年、サーフボードのボトムデザインの主流は何と言ってもコンケーブだろう。
カテゴリーを問わずほとんどのボードに何らかのかたちでコンケーブが施されている。
とくにショートボードでは年々過激になるマニューバーを求め、選手はより高いボードスピードとクイックなコントロール性を要求する。
その結果、ボードはますます小さくなり、その小さくなったボリュームを補うためのコンケーブはどうしても不可欠なデザインとなってしまった。

コンケーブ自体はVボトムなどと同様に古くから存在し、決して新しいデザインではない。
ただ、その配置や組み合わせによってさまざまなバリエーションを持ち、複雑で非常に奥の深いデザインである。

サーフボードがライダーの重量を支えている力は浮力と揚力だ。
浮力はサーフボードが止まっていても走っていても変化しない。
これに対し揚力は止まっているときはゼロだが、走り出すとその大きさは速度の2乗に比例して増大する。
サーフボードは比較的ボードスピードが遅いとき(パドルやテイクオフ時)は浮力に支配されている。
その後、ボードが走ることにより揚力が発生し、ボードスピードが十分速くなったときにはライダーのほとんどの重量をボトム面からの揚力だけで支えることとなる。

この揚力の発生に非常に大きな影響を及ぼすのがコンケーブなどのボトム面の形状だ。
先ほど述べたように、浮力と違って揚力はボードが走ることによって初めて生み出される動的な力のため、シェープルームの中だけではなかなか開発や分析をすることが難しい。
しかも、その揚力はボードスピードによって大きく変化してしまうため、ボードのコントロール性を維持するのが非常に難しく、ボトムのデザインにはコンケーブの的確な配置が求められる。

ライダーやシェイパーが実際のテストボードで波に乗り、ボードがプレーニングしている限られた時間の中で得られる感覚的な情報が非常に重要なものとなる。

私の場合、コンケーブデザインにおける基本的な理論は80年代から90年代にかけてのウインドサーフィンの開発時に得られた数々のデータがベースとなっている。
もう30年ほど前の話になるが、当時、新しいスポーツだったウインドサーフィンのボードシェイプを担当するのは、ほとんどがサーフボードのシェイパーだった。
ディックブルーワー、ジェリーロペス、ジミールイスなど私の尊敬するシェイパーたちはみんなウインドサーフィンの世界でもエキスパートで、それぞれ素晴らしいシェイプデザインを供給していた。

サーフィンの3~5倍の速度ではしるウインドサーフィンはサーフボードの開発に貴重なデータをフィードバックしてくれる。
私はセイリングしている時、50Km近い速度で走るボードの足元の引き波ばかり見ていた。
ボトムへの水のエントリーとリリース、ボードにロールを加えた時の水流の微妙な変化、ターン時のレールの入り方やテールの沈みぐあい。
こんなに間近に見ることのできる方法は今までには存在しなかった。
自分専用の最高の水流実験装置を手に入れた気分だった。

サーファーとして、楽しみでウインドサーフィンにハマッていたはずがいつの間にかシェイパーとしてのめりこんでいる自分に気がつく。
私は幸運にもウインドサーフィンの名門Sailboards Mauiをシェイプするチャンスに恵まれ、当時、年間約200本のペースでセイルボードをシェイプすることになる。
セイルボードはボードスピードが高いため、ほとんどのボードのボトムに何らかの形でコンケーブデザインを組み込む必要があった。
シングルコンケーブ、ダブルコンケーブ、トライコンケーブ、クアトロコンケーブ、スロットコンケーブ、Vコンケーブ、あらゆるコンケーブをテストした。

鈴木啓三郎プロがスペインのタリファで日本のスピード記録を更新

ウインドサーフィンの中にスピードボードというカテゴリーがある。
長さ500mの平水面を何秒で走り抜けられるかという単純な競技だ。
80年代後半にジミールイスのシェイプしたスピードボードがヨットの持っていた世界記録を塗り替えたのをきっかけにウインドサーフィンは世界中でスピード記録を競い合うようになる。
この、ただひたすら速くまっすぐに走るという純粋な競技に私は強く引かれることになる。
ボードのデザイナーとしての能力を本当に試せるような気がしたのだ。
500m,のコースの中にはいたるところにブローホールと呼ばれる風の弱い場所が存在する。
そんな場所でも高いスピードを維持できるだけの抵抗が少なく効率の良いボトム、揚力抗力比が重要なカギとなる。
ただ純粋に、スピードだけを理論し、効率だけを求め、ハイドロプレーンやハイドロフォイルなどの可能性も徹底的に勉強した。

1995年 動力を使わない水上クラフトとして日本最速の記録を樹立

しかし、ここでも重要なのはコントロール性だった。
サーフィンと違って平らな海面をまっすぐ走るだけなので、理屈的にはロッカーもアウトラインも直線で良さそうなものだが、海面は真っ平らではなく、かすかなゆがみやバンプが存在する。
まっすぐに走るためには海面に合わせて微妙にコースを修正しながら走る必要があった。
しかも時速80kmの速度では、ちょっとしたギャップにエッジが反応しスピンアウトにつながってしまう。
ただ速いだけではダメで、正確なコントロール性を持ち、しかも乗りやすいボードをデザインする必要があった。
この微妙なコントロールを可能にするために、ほんの少しだけつけたVボトムやロッカー、少しだけ内側にタックさせたエッジなどを加えた。
本来の速く走るという目的とは相反するコンセプトを微妙に取り入れることでボードのスピードは大幅にアップした。
高速での正確なコントロール性は非常に重要な要素だ。
どんなに新しいコンセプトやデザインであってもそれを操るのは人間で、ライダーが扱いやすくコントロールしやすいものでなければその性能を引き出すことはできない。

このスピードボードの開発で得られた情報は、現在でも私のサーフボードにおけるコンケーブ理論の重要な基礎となっている。

上達するサーフボード(中級者編)

安定して波をつかまえることができるようになってくると、次はいよいよマニューバーの出番です。
マニューバーには、ボトムターン、トップターン、オフザリップ、フローター、カットバックなどたくさんの種類がありますが、じつはサーフィンのマニューバーのほとんどは左右のターンの組み合わせで成り立っています。
つまりフロントサイドのターンとバックサイドのターンの2つを完全にマスターしてしまえば、それだけでほとんどのマニューバーをメイクすることができるのです。
このレベルのサーファーに必要なボードは安定した速度を保ちながら右と左のターンを正確に行えるサーフボードです。

初級者がサーフボードを選ぶのに重要だったのはボードの長さと浮力でした。
沖へ向かうためのゲティングアウトや、波をつかまえるためのテイクオフでは、サーフボードの速度が比較的遅いので、ボードにはほとんど揚力が発生していません。
この段階では、ボードの体積から生まれる浮力がサーフィンを支配していました。

中級者が上達するためには、さらに1ランク上のレベルで自分に合ったサーフボードを手に入れる必要があります。
サーファーがテイクオフし、ボードにスピードがついてくると、サーフボードには揚力が発生します。
揚力はボードが走ることによって主にボトムの接水面から発生する上向きの力で、非常に大きな力です。
たとえば体積が26リットルのサーフボードの浮力は26kgしかありません。
もしあなたの体重が65kgだとすると、ライディング中、浮力を差し引いた残りの39kgを支えているのはボードが走ることによって生まれる揚力だということです。(実際にはサーフボードがすべて水の中に沈んでいるわけではないので、揚力の占めている割合はさらに大きな数値となります)

この揚力は浮力と違ってとても扱いづらく、ボードの速度が変わると大きさが変化してしまいます。
実際には速度の2乗に比例して揚力は大きくなるので、ある速度で安定して走っていたサーフボードが、波の大きい時やセクションを抜ける時などで、ボードの速度が2倍になると揚力は4倍になってしまうのです。
体重は変化しないので、この時あなたの体を支えるために使われているボードの接水面積は4分の1になっているということです。

この接水面の減少はサーフィンの不安定さとなって現れます。
たとえば小波用のテールの広すぎるボードなどで大きい波に乗った時にノーズがパタパタしてボトムターンができなくなった経験を持つサーファーは少なくないと思いますが、これがその現象です。

ターンの安定していない中級者には、ボードの速度変化がコントロールに影響しにくいサーフボードを選ぶことが重要です。
サーフボードにはボリューム以外にアスペクト(縦横比)やロッカーの強さ、ワイデストポイントの位置、テールの広さ、ノーズの広さなどたくさんの重要なスペックがあります。
レールの厚さやタイプも非常に重要です。
これらを微妙に調節し組み合わせることで揚力を制御します。
もちろんボリュームも大切な要素ですが、同じボリュームでも乗り味の違うボードは無限に存在します。
マシンシェイプの普及とともに、最近サーフボードのボリュームの表示が増えていますが、
「長さを短くした分幅を広げてボリュームを同じにしたから大丈夫!」
なんて言えるほど単純なものではないことを大多数のサーファーが気づいています。

上達への近道は、あなたのサーフィンをよく知る人の意見を聞き、自分にぴったりのサーフボードを早く手に入れることです。
自分に合っていないサーフボードでいくら練習してもサーフィンは上手くなりません。

上達するサーフボード(初級者編)

 

 

 

 

 

上達するサーフボード(初級者編)

IMG_1753

サーフィンを始めたばかりの初級者が早く上達するサーフボードとはどんなものなのでしょうか?
これには、「絶対にロングボード」だという人もいれば、「少し短めで十分な浮力を持ったボード」だという人もいます。
いろいろと意見が別れますが、波のコンディションや体重、年齢の違いなども考慮する必要があるのかも知れませんね。

そんな中で、茨城の大洗をベースにサーフスクールを運営しているウエッジの小野瀬さんの意見を伺いながら、初級者が早く上手くなるためにはどのようなボードで練習するのがベストなのかを考えてみました。
小野瀬さんはスクールに入った生徒が、自分の手をはなれ、ひとりで上達して行けるレベルにまでにすることがインストラクターの仕事だと言っています。
スクールは体験レッスンと違うので、ボードを押してもらって、ただ波に乗れれば良いというのではありません。
自分の力で沖に出て、入って来る波を自分の目で判断し、ボードを岸に向けてパドルをスタートさせ、自分ひとりで波に乗れるようになることを目指します。
そして、最終的には右と左の基本的なターンをマスターするところまで教えます。

これら一連の動作をすべて身に付けるためには適正なボードの存在がとても重要なのだと説明してくれました。
小野瀬さんは、長さと浮力が十分にありながらも取り回しが楽で、波に乗ってからコントロールし易いボードの必要性を説いています。

一般のサーフスクールでは、大きくて安定したスポンジ製のロングボードなどを使用していますが、ほとんどの初級者は、波を発見してから到達するまでの短い時間内に、その大きくて重いボードの向きを変えることができません。
そのため最初からノーズを岸に向け、沖に背中を向けて波を待ち、インストラクターの掛け声を合図にパドルをスタートします。
これだと自分で波を見ていないので、いつまでたっても波に乗るタイミングがつかめません。
また、大きすぎるボードでは十分なパドル力も身につきません。
サーフィンの上達のためには、スクールのわりと早い段階で自分のスキルアップにつながるボードを使って練習することが、特に重要だと言っています。20140412112340-thumb-640x480-29魔法のボード
小野瀬さんのスクールで使っているサーフボードは7’6”クラスのミディアムサイズのもので「魔法のボード」と呼ばれています。
10年以上前、初級者のためのボードとしてオーストラリアで特別にデザインされたものです。
幅はさほど広くなく、見た目はごく普通のボードにしか見えません。
ロッカーは弱めですが、ターン性能を考慮して全体的にナチュラルなカーブでしっかりとつながっています。
なぜ「魔法」なのかというと、このボードは乗るのが非常に簡単で、生徒が勝手にすぐ上手くなってしまうのだそうです。(教えるのが上手いからだと言わないところが小野瀬さんらしいですが……)

小野瀬さんは、このボードさえあれば、あとは波に乗るタイミングを覚えることと、乗るために必要なパドル力を身に付けること、この2つだけだと言い切ります。
彼のスクールの大半はこのボードの乗り方を教えます。
生徒は自分で沖に出て、波を選び、自分の力でテイクオフします。

このボードはゆっくり傾ければ自然に曲がるようにできているので、波に乗るための練習をしているうちに楽しみながら勝手に十分なパドル力とターンに必要なバランスを身に付けてしまうそうです。
たったこれだけ?
と思うかも知れませんが、この一連の動作の中には初級者に必要なすべてのスキルが含まれているのだそうです。
彼はそのレベルや場面に
応じたアドバイスを加えているだけです。

このボードでサーフィンの基本をマスターすれば、自分でスピードを付けることのできないショートボーダーや、ターンのできないロングボーダーは居なくなるだろうと、小野瀬さんは言っています。

 

OGMエントリーボード
OGMでは小野瀬氏がレッスンで使用しているボードを参考に、初級者が自分の力でレベルアップしていけるためのベストな入門ボードを考えてみました。
このボードは最新のマシンシェイプで制作することにより大幅にコストを削減しています。
通常のハンドシェイプでこの大きさのボードを作ると価格が15万円を超えてしまいます。
まだ自分の乗り方の定まっていない初級者にハンドシェイプで行っている個別の調整は不要だと判断しました。
モデルごとの安定した性能を引き出しやすいマシンシェイプを活用し、長さ、幅、厚さなどのオーダーに対応しています。

OGM ENTRY のコンセプトはこちら
ogm549524

 

 

 

 

上達するサーフボード(中級者編)

新しい時代のシェイパー

10429443_756434197784753_1048103761177719933_nすぐれたシェイパーは、すぐれたサーファーか?

すぐれたシェイパーであるためには、すぐれたサーファーであることが絶対的に必要な条件であると言われています。
その理由はサーフボードに働く力が、基本的には流体力学やアルキメデスの原理に基づいているものの、波という三次元的にゆがんだ曲面上をボードが滑走しているため、非常に複雑で解析しにくいからです。
このことから、サーフボードには理論的なデザインよりも、むしろ体感的な経験に基づいたデザインがとても重要なものとなっています。
シェイパーによって新しく削り出されたサーフボードは、サーファーが本当の波に乗って初めてその性能を評価できます。
そしてシェイパーには、ボードデザインを変化させたとき、ボードの特性がどのように変わるのかを誰よりも詳しく体感的に判断できる能力が必要です。
シェイパーは頭だけではなく、自分の体でボードデザインを理解できなくてはなりません。
このことがすぐれたシェイパーはすぐれたサーファーであると言われているゆえんです。

09

反対に、すぐれたサーファーはすぐれたシェイパーでしょうか?

今までの答えはNOでした。
シェイパーには、まず頭の中にあるデザインをプレーナーやノコギリといった道具を使って現実に作り出す能力が必要です。
サーフボードは複雑な三次曲面で形成されていて、これをきれいに削り上げることはとても難しい作業でした。
性能はともかく見た目だけでもまともなサーフボードを作るためには最低でも1000本程度のボードをシェイプしないと難しいのではないでしょうか。
しかしながら、近年、すぐれたシェイプマシンと扱いやすいソフトウエアの開発によってこの問題は消滅しました。
現在では一部のすぐれたサーファーが素晴しいサーフボードをシェイプしています。

無題q

サーフボードシェイプは確実に新しい時代に入ったと言えます。

これはハンドシェイプとかマシンシェイプとかいった削り方の違いのことではありません。
のこぎりやカンナを上手く使いボードをきれいに仕上げるという、いわゆる職人的だった技術とシェイプとが分離されたことで、サーフボードは純粋にその性能で評価される時代となって来ています。
シェイプマシンだって単なる道具に過ぎません。
ボードデザインを変化させたとき、ボードの性能がどのように変化するのかを理論的に、体感的に、直感的に予測し、理解し、分析できる想像力が重要です。

ボードの美しさはもちろん重要な要素だと思いますが、それ以上に重要なのがその性能です。
サーフボードを走らせているのは、まぎれもなく物理学です。
見た目だけの美しさだけでなく数学的にも力学的にも美しく性能の高いサーフボードを削るのがシェイパーの仕事です。

これからのシェイパーは、デザイナーやエンジニアとしての能力が今まで以上に重要になってくるものと思われます。

無題1

シェイプをリンクさせる

FullSizeRenderwz

こんな経験ないだろうか?

「今日は波が大きいけど、こっちの長いボード使うより、いつも乗ってる短いボードの方がどうもしっくりくるんだ、ちょっとテイクオフきついけどね~」

本当はすべての波に1本のサーフボードで対応できれば良いのですが、ヒザ波とオーバーヘッドの波とでは、波のパワーも要求されるマニューバーもかなり違ったものとなります。
すべてのサイズの波でうまく働いてくれるサーフボードを作るのは、なかなか簡単なことではありません。
そこで波のサイズによって、何本かのサーフボードを使い分ける必要が出てくるわけなのですが、それぞれのボードごとの乗り味が大きく異なっていたり、ボードが受け持つ波のレンジ(範囲)がしっかりと割り振られていなかったりすると、乗り換えをスムーズに行うことができません

私は、波のサイズに合わせて2本以上まとめてオーダーを受けた場合、サーフボードの1本1本の完成度を重視するのはもちろんですが、それらのボードが互いにスムーズに乗り換えられるように、他方のボードをしっかりと意識したつながりのあるシェイプを心がけます。

マシンを使って、拡大や縮小をすれば簡単だろうと思う人がいるかも知れないが、そんなに甘くはありません。
マシンでの拡大縮小は体重が違う2人のサーファーに対しては有効な場合もありますが、一人のサーファーに対して目的の波のサイズを変える場合には、まったく使い物になりません。
ボードスピードや波のパワーの変化が考慮されていないからです。
モデルを変えて対応することは可能ですが、その場合コンセプトが大きく変わってしまうので、ボードどうしのつながりなどは何処かへ消えてしまいます。

つながりを求めたシェイプには、独立した単独のコンセプトは不要です。

sasd

波のサイズが変わるとボードのスピードやターンの大きさ、マニューバの種類までもが変わって来ます。
小さな波の場合は、いかに効率良く波のパワーを受けスピードに変換することを中心に考えデザインしますが、大きな波では逆に、パワーをうまく逃がしながら正確にコントロールできるボードが必要となってきます。
当然、波をつかまえるために必要なパドルの速度も変わってくるので、そのための浮力についても考えなくてはなりません。
アウトライン、ロッカー、ボリューム配分、レールフォイル、コンケーブやコンセプトに至るまで、少しずつですが全体を通じてつながりのある変化をデザインの中に組み込むことが重要です。
1本のボードをシェイプするとき、残りのボードをつねに意識しながらシェイプを続け、乗り味をリンクさせながら徐々に変えていきます。

これがOGMで言う同じサーフボードです。
形も大きさも違いますが、サイズの異なる波に乗ったとき同じボードのように反応します。
このようにして作られたサーフボードのグループは波の大きさの変化に柔軟に対応します。
波が大きくなったらサーフボードをひとつ大きなものに変えるだけです。
あたかも同じボードに乗っているような感覚です。

このようにシェイプを他のボードとリンクさせることによって、あなたが、いつ、どのサーフボードを選ぼうとも、一貫した乗り味を手に入れることができるのです。

 

 

レールサーフィン

JPEG - コピー

短くて幅が広く、丸くて平らなサーフボードに乗れば誰でも簡単にすぐ曲がり、小さな波だったらスープやリップに当てることができるかも知れません。
サーフボードをフラットにしたままボトムの腹を使って曲げるので、ボードが走っていなくてもノーズの向きはコロコロ変わります。
このようにノーズを左右に振る動作をYaw(ヨー)と言います。
もちろんこれもサーフィンなのだと思いますが、私たちジャッジはまったく評価しません、レールが何も使われていないからです。
何度も言いますが、サーフィンのターンはYaw(ヨー)じゃダメです。

86d0d56ca57d718107187beff20fc14c

どこかの誰かの写真をお借りしました、ありがとうございました。

このケリーのカットバックの写真を見てください。

ちょうどリップのところにこのカットバックのトラックの始まりが見えますが、ケリーのボードのノーズが180°向きを変えるまでにボードの走った距離(トラックの長さ)は楽に5m以上、ひょっとすると10m以上あるのではないでしょうか。
本物のサーファーのカットバックというのはノーズをただ横に振るだけのようなコンパクトなものではなく、想像しているものよりずいぶん大きなものだと考えてください。
波のトップからボトム、カール際からショルダーまでかなり広いスペースを使っています。

これに対してノーズを左右に振るサーフィンでは、わずか1m四方ほどの広さの中でマニューバを行っています。
落ちてきたリップにボードを当て、今まで走って来た方向にノーズの向きを変えて、オフザリップもカットバックも自分の頭の中では完璧にできていると思っていますが、まわりの人は誰も気づきません。
ボードが走っていないのでトラックは何も残りません。

オマケですが(本業はシェイパーなので)、この写真のときケリーのボードがどのくらいロールしているのかを、シェイププログラムを使って確認してみました。
シェイプルームの中のボードに、この写真と同じような角度に見えるまでRoll(ロール)とPitch(ピッチ)を加えてみました。
1無題ライン

2番目の画像は、視点を移動しボードをノーズ側から見たものです。
想像以上にボードがRoll(ロール)している(傾いている)ことがわかります。
また、曲がるためにはロッカーが非常に大切だということに気づくと思います。
そして、このターンの重要な要素であるRoll(ロール)とPitch(ピッチ)を安定して維持するために、
十分なボードスピードから来る遠心力と、レールのフォイル、ボリュームのバランスが大きな役割を受け持っています。
3無題

良く走るサーフボードが曲がらないなんてウソです。
ボードは走ることで曲がります。
サーフボードが曲がるのは、Roll(ロール)して(傾けて)走った結果です。
そして曲がるための重要な要素はロッカーです。

これがレールサーフィンです。
サーフィンの基本はボードスピードです。
止まったサーフィンから卒業しましょう。

コバルトボード

tumblr_m7aq2c2UKD1r9l7xlo1_500

私は小さく凝縮されたカッコいいボードが好きだ。
子供の頃、初めて鉄腕アトムの弟コバルトを見たときはちょっとショックだった、顔が間延びしていてマヌケな感じなのだ。

コバルトはひょうきんで性格が優しく、大好きなのだが、サーフボードとなると別の話。
わたしは間延びしたマヌケなボードはシェイプしたくない。

IMG_0276

こんなボードはゴメンです

新しいボードをデザインするとき。
私はシェイプするとき、浮力、揚力、レールボリュームなどを考えながら、速いテイクオフ、高い加速性、安定性などの能力をボードに盛り込む。
これらの
要求をすべて満たそうとすると、ボードの各部はどんどん大きなものとなっていく。
長さ、幅、厚さをそのまま維持しようとすれば、ノーズが広がり、テールが広がり、アウトラインやロッカーは単調なストレートなものになってしまう。
いろいろな部分に余分な浮力や広さを持つことで、サーフボードは同じサイズでありながら、どんどん大柄なものになっていく。
すると、トップスピードは低下し、加速性は悪く、動きはさらににぶくなってしまう。

カッコの悪いボードは好きじゃない。
私の理想のシェイプは、必要な揚力と浮力を確保しながら全体的にスッキリと小さく小柄なボードにまとめることだ。

「最小のボリュームで最大の揚力を得ること」
これがすべての
OGMサーフボードに流れるコンセプトだ。
これを追求することで、速く、加速性が高く、コントロールのしやすいボードが生まれる。

OGMサーフボードはすべてが小さい。
私のサーフボードは同じサイズの他のボードと比べると、数字から来る大きさよりもずっと小柄に見えるはずだ。
私はボードを考えるときに、たとえばテールとかレールとか、ボードの一部分だけでは判断していない。
それぞれのつながりをつねに重視し、効率良くボード全体を使うようなデザインを考えることで、余分なボリュームを捨てることが可能となる。ogm54563

サーフボードはすべて曲面でつながっているため、ロッカーもアウトラインもそれぞれ独立した要素とは考えない。
ターンしている時、斜めにレールが沈み込んだボードをイメージして欲しい。
この時、アウトラインはロッカーのように使われ、ロッカーはアウトラインのように使われていることに気がつくはずだ。
理想的なサーフボードは、ロッカーとアウトラインの間に特異点が無く、それはロールの角度の変化でスムーズに切り替わる。
そして同時に、デッキラインもボトムロッカーと同じように大切だということを認識させられる。

このようにボードを総合的にとらえることが最も重要で、そこからデザインをスタートさせる。
そして容赦なく不要な部分を削ぎ落としていく。
余分なボリュームを持たないボードはスピード性が高く快適だ。
この努力を続けることで最高の性能を持ちながら、非常に扱いやすいボードが誕生する。

これらをシェイプ中ずっと考えながら繰り返し、すべてのボードに対して行う。
シェイプは戸惑うことばかりだが、強い意志で考えて行けばパズルは解ける。
解けない謎は1つもない。

サーフボードのシェイプはとても芸術的だが、裏側にはまぎれもなく物理学が働いている。
デザインを決定する上で物理学と数学の知識はとても重要だ。
経験の少ないシェイパーにとっての知識はさらに重要なものとなる。
失敗の原因をさぐる上でも知識はひじょうに大切だ、この知識を持ち合わせないと何度も同じ間違いを繰り返してしまうことになる。

ENTRY

JPEG - コピー

レールサーフィンにとことんこだわるOGMが、他とはちょっと違ったエントリーボード(入門ボード)を発売した。
このOGM ENTRYはただテイクオフすることを身につけるためのボードではない。
初級者がレール使ったターンの基本をマスターするためのボード、最初から本物のターンを練習するためのボードである。

初級者がサーフスクールを卒業し一人でテイクオフできるようになると、最初にオーダーするのは決まって幅が広めで、少し短くしたボードだ。
ボードが短くてもロッカーを落とし、テールとノーズの幅を広げれば、テイクオフの楽なボードは簡単に作れる。
でも、最初からこんなサーフボードを使っていたらターンはいつまでたっても覚えられない。
短いボードは前後方向のバランス(ピッチ)が安定しないため、傾けてレールを沈めた体勢(ロール)をとり続けることが難しい。
幅を広げることでボードのボリューム不足を補っているので、ボードをフラットにしたままでノーズの向きがくるくる変わってしまう。
このようなサーフボードに乗っているほとんどのサーファーは、ノーズを左右に振ること(ヨー)でターンが出来たと勘違いしてしまう。
最初の大切な時期にノーズを横に振ってボードの向きを変えてしまう間違ったターンを覚えてしまうので、なかなか次のレベルに上がれない。

ogm549524ENTRY BOARDS

このボードは普通のエントリーボードとは大きく違います。
テイクオフの早さだけを考えたフラットなセンターロッカーは持っていません。
ロッカーは弱めですが、コントロールしやすいナチュラルなものを採用しています。
ノーズを左右に振って曲がるようには作られていません。
曲がり方は自転車やバイクと同じです。
曲がりたい方向に体重をかけ、傾けて走れば簡単に自然に曲がります。
初級者用のボードですので、安定性を重視してデザインされていますが、基本的なターンする仕組みはプロ用のボードと何も変わりません。
すべてのOGMサーフボードのコンセプトは一貫しています。
止まったままでは曲がりません。
ボードは走ることによって曲がります。

初級者が簡単に乗れるサーフボードを作ることは非常に難しいことです。ogm54955
ピッチを安定させるための十分な長さを持ちながら取り回しの楽なボードにしなくてはいけません。

基本的にボードは安定していなくてはいけませんが、幅を広げすぎるとロールが安定しすぎてターンに入るきっかけをつかむのが難しくなってしまいます。
初級者でも安定してレールを寝かせ続けることのできるボード、そしてターンの最初から最後までレールを長くスムーズに使うことのできるボードを作らなくてはいけません。
弱く長めに入ったVボトムはロールをコントロールしやすくレールターンを安定させます。
初級者はターンに入るタイミングが安定していません。
レールフォイルの変化を少なくし、ロッカーとボリュームのバランスはストレスのない自然なカーブを使っているので、波のどの位置からでもターンに入り易いデザインとなっています。
「自分の力で沖に出て、自分の力でボードの向きを変え、自分の力で波を捕まえる」
初級者がこの一連の動作を自分だけで行えるように、ボードの取り回しの良さを最大限に配慮してデザインされています。

エントリーボード(入門ボード)だからといって、ただ大きなボードにすれば良いというわけではありません。
中上級者がボードを選ぶときのようにシビアにサイズを決定する必要はありませんが、早く上達するためには自分の身体にあるていど合った大きさのボードを選ぶことが重要です。
OGM ENTRY
はカスタムオーダーが可能ですが、価格を抑えるためマシンシェイプで対応しております。

下記に代表的なサイズと体積を載せてあります。
幅だけ、あるいは厚さだけの変更も受けることができますので、
お店の人と良く相談してサイズを決定することをおすすめします。
初級者の方は、なるべく長くてボリュームのあるボードを。
レールターンの基本をもう一度マスターしたい人は、現在使っているボードより4~6インチ長めのボードを。
女性の方や体重の軽い方は、幅をやや細めにオーダーすると良いでしょう。

長さ 厚さ 体積
6’8″ (203cm) 20 1/4″ (51.5cm) 2 3/4″ (7.0cm) 40.0L
7’0″ (213cm) 21″ (53.4cm) 2 7/8″ (7.3cm) 45.4L
7’4″ (224cm) 22″ (55.9cm) 3″ (7.6cm) 51.9L
  • この表に無いサイズのオーダーにも対応します。ogm54953s
  • ボードはすべてOGMデザインのマシンシェイプです。(日本製)
  • 素材はPU+ポリエステルラミネートです。
  • フィンシステムはFCS、FCS-2、FUTUREのどのタイプでも選べます。(FCS-2は¥2000up)
  • 価格¥118,000(税別、フィンは付属しません)

 

SHORT

GHD

GM

MC-1

THE #8

OVER DRIVE

MID RANGE

FAT-3

SHUTTLE

FAT-1

CAT

MAGIC FISH

LV-4

SECTOR-5

ENTRY

LONG

PERFORMER

HPNR

CLASSIC

OTHERS

SUP

PRB

SPEED TRIAL

KNEE BOARDS

ANIMAL

DANDYくん

URASHIMA-4

マンタくん

マーメイド

どっちも君

アッシーくん

大王くん

 

ロングボードのフィンセッティング

zcFullSizeRender

 

フィンはサーフボードの性能を左右する最も重要なパーツです。
素晴らしいサーフボードに乗っていてもフィンのセッティングが悪ければその性能を十分に引き出すことはできません。
逆にあまり良くないボードを使っていても、その悪い部分を補うようなフィンセッティングをすることによって、そこそこうまく乗れるボードにすることもできます。
現在、ロングボードのフィンは、さまざまなアウトラインといろいろなサイズが市販されています。
加えて、ロングボードの場合、センターにロングボックスを使用していることから、センターフィンの位置を動かすだけで、フィンサイズをいちいち変更しなくても、いろいろなセッティングが可能となります。
これにサイドフィンのバリエーションも加えると、もう無限とも言える組み合わせとなってしまい、セッティングには上級者やプロでさえも頭を悩ませているのでは無いでしょうか?

今回は、個々のフィンについてその特性を説明するのではなく、セッティングによってフィンの特性がどのように変化するのかの基本的な部分を説明したいと思います。
この基本を理解すると、自分の持っているフィンをいろいろ組み合わせたり、位置を調整したりすることで、自分の乗り方に合ったサーフボードに仕上げることや、ボードの特性をさらに活かしたチューニングをすることが可能となります。

基本的な考え方77556147ad813fe4506f2520aad2b3c6-1024x937
セッティングを理解するために最初に言っておくことは、「センターフィン1枚だけで考えない」ということです。
一般的なスタビライザーやトライフィンの場合、必ずサイドフィンとセットで全体を見てイメージしてください。
この複数のフィンが合わさって作り出す1枚の仮想的なフィンこそがあなたのボードに付いているフィンなのだと考えるとセッティングが理解しやすくなります。

センターフィンとサイドフィンの大きさのバランスを変える
大きめのセンターフィンと小さめのサイドフィンの組み合わせるとフィン全体が作り出している仮想フィンの重心が後ろにずれ、安定した乗り味になります。
逆に小さなセンターフィンと大きなサイドフィンとの組み合わせでは仮想フィンの重心は前に移動するため動きの軽いセッティングとなります。

センターフィンを前後に移動する904deeacbccae769f3e32716ac70bd4e-1024x885
これは簡単にイメージできると思います。
センターフィンを後ろに移動することにより仮想フィンも後方にずれ、安定した乗り味となります。
逆に前方に移動すると仮想フィンも前方に移動し、動きの軽いセッティングとなります。

しかし、この場合、あまりサイドフィンと近づけ過ぎたセッティングには注意が必要です。
自分の受ける感覚ではボードが良く動き、ちょっと上手くなったような気分になりがちですが、実際にはクルマのワイパーのようなボードの動きになっているサーファーを多く見かけます。
これはボードのノーズをただ左右に振っているだけで、ターンをしているのとはまったく違う状況です。

マルチフィンの場合、前側のフィンと後側のフィンとの距離がドライブ感を生み出していると考えられるため、センターフィンを前に出しすぎたセッティングでは、ベースの狭いドライブの効きにくいフィンをセットした時と同じような状況になっているのではないかと想像できます。

904deeacbccae769f3e32716ac70bd4e-1024x885 - コピー
自分のライディングのどこをなおしたいのか、あるいはどこを伸ばしたいのかを考えながらフィンを調整すると、今のサーフィンが格段に良くなると思われます。
サーフィンは自分の感覚と実際の動きが違っていることが多いので、自分の感覚だけで判断していると、どうしても違った方向に行ってしまいがちです。
できれば、行きつけのお店の人や友達にどう変わったのかアドバイスしてもらったり、ビデオに撮ってもらったりして、自分のサーフィンがどのように見えているのかを確認しながら海に入ることをおすすめします。
今回はフィンのサイズと位置の関係だけしか書いていませんが、フィンにはこの他に、アスペクト比(面積と高さの関係)やスィープ角(後方への傾き角度)、硬度やフォイルなど、いろいろな要素があります。