SuperFoil (1996)

IMG_2882
OGM社は1996年から、現在のようなカスタムシェイプマシンを稼働させていました。
当時OSは、まだ発売して間もないWindows95、マシンをオペレートしていたのはMS-DOSでした。SFroom
SuperFoilは今までの量産型シェープマシンとは違います。
現在、世界で主に稼動しているシェープマシンのシステムは、まず、シェーパーが手で削ったボードをスキャンして、コンピュータの中に数値データとして取り込みます。
そのデータをもとに、機械がコピーボードを製作するわけですが、このデータは、たがいに関連性のない数値の集まりにすぎないため、基本的には、単なる拡大や縮小くらいしか変更ができません。
ちょうどコンビニにあるコピー機のようなものです。
違ったタイプのボードを作るためには、また、新たに手でシェープし、スキャンし直さなくてはならないのです。
お店にたくさんならんでいる大量生産型のストックボードを作るには良い方法かもしれませんが、カスタムオーダーやマジックボードを作るには決して良い方法とは思えません。
ハンドシェープにはない再現性はあるかもしれませんが、発展性(進歩)がまったく無いからです。
これに対して、OGM社が開発したシェープデザインシステムSuper Foilでは、ボードのデザインを100%コンピュータ上で行います。
このプログラムにはアウトライン、ロッカー、ボリューム配分はもちろんのこと、レールフォイル、デッキのラウンド係数、ボトムのコンケーブの形状や深さなど、シェープに関するすべてが設計の要素に含まれています。
ボードをデザインするステップはハンドシェープと基本的に同じため、サーフボードに関する知識やセンスは今までどおり重要ですが、プレーナーやノコギリを使うといった職人的な技術や誤差からは完全に解放されます。
そのため、シェーパーのデザイナーやエンジニアとしての能力と想像力が今まで以上に重要になってくることを意味します。
Super Foilは量産型のシェープマシンよりもむしろハンドシェープに近い、カスタムシェープマシンといえます。
こんなことができます。
このシステムは、従来のマシンシェープやハンドシェープではできなかったことを可能にします。
たとえば、他のすべてがまったく同じでロッカーだけが違うサーフボードや、レールのフォイルだけを変化させた2本のボードを作ることができるのです。
今のボードは最高に気に入っているのだけど、あと少しだけセクションをぬけるスピードが欲しいと思った場合、他の部分をまったく変えずにコンケーブだけを深くするとか、テールロッカーだけを少し弱くするといった変更が可能なのです。
この他にも、今持っているサーフボードのイメージのまま、あと2インチだけ長くし、同じテイストのまま少し大波用のセッティングにするとか、あるいはロッカーだけ違う2本のボードで、ビーチブレイクとリーフブレイクを使い分けるなどといったことが可能になります。
もちろん、過去に作られたボードデータはすべてファイルの中に存在するため、いつでも再現することも、加工することも可能です。
OGM社ではこの発展性と再現性を兼ね備えたSuper Foilシステムを使うことで、とくにプロやプロをめざす上級レベルのサーファーに対し、強力なバックアップができると確信しています。