上達するサーフボード(中級者編)

安定して波をつかまえることができるようになってくると、次はいよいよマニューバーの出番です。

マニューバーには、ボトムターン、トップターン、オフザリップ、フローター、カットバックなどたくさんの種類がありますが、じつはサーフィンのマニューバーのほとんどは左右のターンの組み合わせで成り立っています。
つまりフロントサイドのターンとバックサイドのターンの2つを完全にマスターしてしまえば、それだけでほとんどのマニューバーをメイクすることができるのです。
ターンはシンプルですがとても繊細で、上手なサーファーのターンはレールの入り方がスムーズで力強く、とても美しいものです。

中級レベルのサーファーが上達するためにはこのマニューバーの構成要素であるターンの習得しやすいサーフボードを選んでみると良いと思います。

レールの使い方が安定するまではターンに入るきっかけをつかみやすくするため、レールのあまり厚くなりすぎないボードを選びます。
浮力を少し多く持たせ、失速しにくく、スピードの安定したボードがベストです。
サーフボードにはボリューム以外にアスペクト (縦横比)やロッカーの強さ、ワイデストポイントの位置、テールの広さ、ノーズの広さなどたくさんの重要なスペックがあります。
レールの厚さや形も非常に重要です。
もちろんボリュームは大切な要素ですが、同じボリュームでも乗り味の違うボードは無限に存在します。
マシンシェイプの普及とともに、最近サーフボードのボリュームの表示が増えていますが、
「長さを短くした分幅を広げてボリュームを同じにしたから大丈夫!」
なんて言えるほど単純なものではありません。

上達への近道は、あなたのサーフィンをよく知る人の意見を聞き、自分にぴったりのサーフボードを早く手に入れることです。
自分に合っていないサーフボードでいくら練習してもサーフィンは上手くなりません。

 


上達するサーフボード(初級者編)

上達するサーフボード(上級者編)