上達するサーフボード(中級者編)

安定して波をつかまえることができるようになってくると、次はいよいよマニューバーの出番です。
マニューバーには、ボトムターン、トップターン、オフザリップ、フローター、カットバックなどたくさんの種類がありますが、じつはサーフィンのマニューバーのほとんどは左右のターンの組み合わせで成り立っています。
つまりフロントサイドのターンとバックサイドのターンの2つを完全にマスターしてしまえば、それだけでほとんどのマニューバーをメイクすることができるのです。
このレベルのサーファーに必要なボードは安定した速度を保ちながら右と左のターンを正確に行えるサーフボードです。

初級者がサーフボードを選ぶのに重要だったのはボードの長さと浮力でした。
沖へ向かうためのゲティングアウトや、波をつかまえるためのテイクオフでは、サーフボードの速度が比較的遅いので、ボードにはほとんど揚力が発生していません。
この段階では、ボードの体積から生まれる浮力がサーフィンを支配していました。

中級者が上達するためには、さらに1ランク上のレベルで自分に合ったサーフボードを手に入れる必要があります。
サーファーがテイクオフし、ボードにスピードがついてくると、サーフボードには揚力が発生します。
揚力はボードが走ることによって主にボトムの接水面から発生する上向きの力で、非常に大きな力です。
たとえば体積が26リットルのサーフボードの浮力は26kgしかありません。
もしあなたの体重が65kgだとすると、ライディング中、浮力を差し引いた残りの39kgを支えているのはボードが走ることによって生まれる揚力だということです。(実際にはサーフボードがすべて水の中に沈んでいるわけではないので、揚力の占めている割合はさらに大きな数値となります)

この揚力は浮力と違ってとても扱いづらく、ボードの速度が変わると大きさが変化してしまいます。
実際には速度の2乗に比例して揚力は大きくなるので、ある速度で安定して走っていたサーフボードが、波の大きい時やセクションを抜ける時などで、ボードの速度が2倍になると揚力は4倍になってしまうのです。
体重は変化しないので、この時あなたの体を支えるために使われているボードの接水面積は4分の1になっているということです。

この接水面の減少はサーフィンの不安定さとなって現れます。
たとえば小波用のテールの広すぎるボードなどで大きい波に乗った時にノーズがパタパタしてボトムターンができなくなった経験を持つサーファーは少なくないと思いますが、これがその現象です。

ターンの安定していない中級者には、ボードの速度変化がコントロールに影響しにくいサーフボードを選ぶことが重要です。
サーフボードにはボリューム以外にアスペクト(縦横比)やロッカーの強さ、ワイデストポイントの位置、テールの広さ、ノーズの広さなどたくさんの重要なスペックがあります。
レールの厚さやタイプも非常に重要です。
これらを微妙に調節し組み合わせることで揚力を制御します。
もちろんボリュームも大切な要素ですが、同じボリュームでも乗り味の違うボードは無限に存在します。
マシンシェイプの普及とともに、最近サーフボードのボリュームの表示が増えていますが、
「長さを短くした分幅を広げてボリュームを同じにしたから大丈夫!」
なんて言えるほど簡単なものではないことを大多数のサーファーが気づいています。

上達への近道は、あなたのサーフィンをよく知る人の意見を聞き、自分にぴったりのサーフボードを早く手に入れることです。
自分に合っていないサーフボードでいくら練習してもサーフィンは上手くなりません。

上達するサーフボード(初級者編)