上達するサーフボード(上級者編)

テイクオフ、ボトムターン、リエントリー、フローター、カットバック……
ひと通りすべてのマニューバーをこなせるようになり、やっていることはほとんど一緒なのだけど、なぜか上手なサーファーとちょっと違う。
こんな悩みを持つサーファーも多いと思います。
これはマニューバーのつながりの問題もありますが、ほとんどは一つ一つのマニューバーのクォリティの違いによるものです。

あなたがコンペティターであるならば、今までのボードよりさらに1ランク上のレベルで自分に合ったサーフボードを手に入れる必要があります。
現在の試合の採点方法では、ジャッジは1つ1つのマニューバーに最大のパワーとコントロールを要求しています。
スピードとパワー、そしてコントロールされたマニューバーはジャッジを魅了します。
手加減やごまかしではスコアーになりません。

サーフボードを制御する方法は一つしかなく、サーファーは重心の微妙な移動だけでボードをコントロールしています。
サーフボードに安心して最大のパワーを加えることができるためには選手とボードの間に100%の信頼関係が必要です。
ロッカーの大きさ、レールのフォイル、アウトラインのバランス、コンケーブの配置など、サーフボードが高い次元で選手の体型や乗り方に合っていなくてはなりません。

最速の状態から何の迷いも無くレールを寝かせ、ターンに入れるサーフボードを作るため、シェイパーはライダーのライディングを分析し、微調整を繰り返しながら一歩一歩ベストなボードに近づけます。
これはハンドシェイプもマシンシェイプも同じです。
通常のモデルの中だけで(自分のために開発されたモデルは別ですが)長さ、幅、厚さだけを調整しボリュームを合わせる方法では限界があります。
上級者にはモデルの範囲を越えた調整が必要です。

言葉でサーフボードの感触をシェイパーに説明することはなかなか難しい作業ですが、ただ当てずっぽうにボードをオーダーしていても自分のマジックボードに出会う可能性はほとんどありません。
十分な時間をかけてお店の方やシェイパーとコミュニケーションをとり、自分にぴったりの上達するサーフボードを手に入れてください。

上達するサーフボード(初級者編)

上達するサーフボード(中級者編)