GHD (NK-SAWA)

wil54905

GHD (NK-SAWA)

最高のスピード性とコントロール性を持つ完成されたコンペティションボード。
このボードの特徴はレールの切り返しが非常に軽いことだ。
特に波のポケットでのカービングに優れ、コシ~オーバーヘッドまで安定した性能を発揮する。
もちろんトップスピードでのコントロール性は申し分ない。

5’8″ (173cm) 18 5/8″ (47.3cm)
18 3/4″ (47.6cm)
2 3/16″ (5.56cm)
2 1/4″ (5.72cm)
23.8L
24.7L
5’10” (178cm) 18 3/4″ (47.6cm)
18 7/8″ (47.9cm)
2 1/4″ (5.72cm)
2 5/16″ (5.87cm)
25.5L
26.4L
6’0″ (183cm) 18 7/8″ (47.9cm)
19″ (48.3cm)
2 5/16″ (5.87cm)
2 3/8″ (6.03cm)
27.1L
28.2L

簡単に乗れるコンペティション・ボードnobu
一般にプロ選手が試合で使うコンペボードはロッカーが強く、レールも薄めで、ふつうのサーファーが乗るには難しいボードばかりだが、このGHD (大澤ノブモデル)はちょっと違う。

現在のASPジャッジ基準はターンの前に行うスピードをつける動作、チェックターンやトリミングを好まない。
大きなマニューバだけを連続して繰り出す方が、あいだに小さなターンが入ってしまうよりも得点が高いのだ。
そのため彼のボードは前足に加重するだけで簡単にスピードが出せるようなデザインとなっている。
スピードはサーフィンの基本だ。
すべてのマニューバーはスピードが無ければ完結しない。
試合中にスピードを付けるという動作を彼の頭の中から完全に無くすことを考えてデザインしている。

その次はコントロールだ。2014-03-30 17.04.34
サーフボードを制御する方法は一つしかない。
サーファーは重心の微妙な移動だけでボードをコントロールしている。
特にコンペティションボードの場合、波の大きくゆがんだカール部分での過激なマニューバーが主体となるため、あらゆる角度でボードが水に接することを想定し、常にボード全体のフォイルバランスを考えたデザインが必要となる。
奇抜なデザインを避け、ボードは至ってシンプルなものとなる。
ロッカーやアウトラインはあくまでもナチュラルでスムーズなカーブのみで構成され、どんな状態でも100%のパフォーマンスで安定したターンを維持できるようにレールのフォイルを考えている。

試合で上位を目指すサーファーならば、ぜひこのボードを試して欲しい。
加速性に優れ、安定したターン性能を持つこのボードが、どのボードよりも簡単に乗れるコンペティションボードだということがわかってもらえるはずだ。

SHORT

GHD

GM

MC-1

THE #8

OVER DRIVE

JEDI

MID RANGE

FAT-3

SHUTTLE

FAT-1

CAT

MAGIC FISH

LV-4

SECTOR-5

ENTRY

LONG

PERFORMER

HPNR

CLASSIC

OTHERS

SUP

PRB

SPEED TRIAL

KNEE BOARDS

ANIMAL

DANDYくん

URASHIMA-4

マンタくん

マーメイド

どっちも君

アッシーくん

大王くん