ABOUT US

OGM理念 1507075_587165778036533_529841701_n

シェイパー・プロフィール
小川昌男 (Masao Ogawa)
1982年立教大学理学部卒業後、OGM社を設立、シェイプを本格的にスタート。
マウイ、鎌倉、鴨川の3箇所にシェープ拠点を持ち、ショートからロングまであらゆるタイプの板を独自のセンスで削る感性と、海外・国内での豊富な経験を元にした確かな技術を持つ。
1984年セイルボードマウイ、1986年ディック・ブルーワサーフボードとシェイパー契約。
1996年には自身のシェイプに正確性と発展性を求めてPC制御による本格的なデジタルシェイプマシン ”Super Foil”を発表。
この設計プログラムを担当したことから、サーフボードの持つ曲線の数学的な美しさにもこだわりを持つことになる。
揚力効力比が高く、効率の良いボトムデザインを作ることを生涯のベース・コンセプトに持ち、彼のデザインしたセイルボードが動力を使わない水上クラフトとして日本最速の記録を樹立するなど、スピードと正確なコントロール性能に絶対の自信を持つ。

JUDGE
JPSAのヘッドジャッジを10年、ASP Japanのヘッドジャッジを6年、また5年間にわたってASP海外ツアーをインターナショナルジャッジとして転戦した経歴をもつ。
現在でも年間90日以上におよぶプロコンテストでのジャッジングは最新のマニューバーと最先端のサーフボードとの関係、コンディションによるボードパフォーマンスの変化、選手とボードのマッチングなど、ジャッジの視点から客観的にとらえ、これらの体系だった経験がすべて彼のシェイプに活かされる。

COACHING
2005年、日本にも最新のコーチングシステムを導入するためオーストラリアに渡り、SA(Surfing Australia)のサーフコーチレベル2を取得
現在ではサーファーのスキルアップのためのサーフクリニックやコンペティター向けのアドバンスサーフスクールなどを行う。


RIDER

ショート、ロングを問わず彼のシェイプするボードを使用し活躍しているプロ選手は数多く、特に2010年度にはGHDモデルを使用する大澤伸幸プロが初参戦にもかかわらず、圧倒的な強さでJPSAグランドチャンピオンを獲得した。
ロングボードではPERFORMERモデルに乗る小熊明美プロが2013年ASP LQS戦で優勝、2015年には大池裕美子プロJPSA戦で優勝した。
近年では、アマチュア選手へのシェイプ供給にも力を入れ、MATRIX坂本應尚が2014年度NSAマスタークラスグランドチャンピオンを獲得するなど、たくさんの選手がNSAメジャーコンテストで優秀な成績を残している。
また、サーフボード以外ではOGMシェイプのSUPに乗る原田俊広が2013年SUP全日本チャンピオンを獲得し、2014年には、ニカラグアで行われたSUP世界選手権16位という結果を残した。

81Nijima

1981 NIJIMA

 

00MENTAWAI1

2000 MENTAWAI

409245_212028315550283_543485582_n

1999 G-Land

SURFING経歴
1972 NSA全日本ジュニア6位
1974 NSA全日本ジュニア4位
1978 JPSAプロトライアル合格
1979 JPSA全日本プロ選手権3位
1980 ライトニングボルト社とライダー契約
1981 JPSA全日本プロ選手権5位
1982 JPSA全日本プロ選手権準優勝
1983 OGM社設立
1986 ディックブルーワー社とシェイプ契約

2010Nijima2 (1)

2010 NIJIMA

ulu12

2012 ULUWATU