コラム

コンケーブの話

近年、サーフボードのボトムデザインの主流は何と言ってもコンケーブだろう。 カテゴリーを問わずほとんどのボードに何らかのかたちでコンケーブが施されている。 とくにショートボードでは年々過激になるマニューバーを求め、選手はよ…

上達するサーフボード(初級者編)

サーフィンを始めたばかりの初級者が早く上達するサーフボードとはどんなものなのでしょうか? これには、「絶対にロングボード」だという人もいれば、「少し短めで十分な浮力を持ったボード」だという人もいます。 いろいろと意見が別…

スコアーアップ

ジャッジの目線から見たスコアーアップの簡単なアドバイスです。 今回は、ライディングを構成する要素となるマニューバーをジャッジがどのように評価しているかをテイクオフから順に説明していきます。 ジャッジがどこを見ているのかを…

EPSの浮力についての考察

「EPSの浮力が大きいのは中に空気がたくさん入っているからだよ」 こんな話、聞いたことないですか? アルキメデスが聞いたら腰を抜かしそうなレベルの会話ですが、今回は、そのEPSの浮力について考えてみたいと思います。 まず…

インタビュー:「サーフボードシェイパー」

西暦400年頃に、ハワイやタヒチに住んでいた古代ポリネシアの人々が始めたと言われるサーフィン。いまでは、世界中のあらゆる海岸で季節を問わず、サーフィンを楽しむ人々を見かけることができる。競技スポーツとしての発展も続けており、小規模な大会から、世界レベルの大会まで幅広く開催されている。サーフィンは、自然の生み出すエネルギ「波」に、サーフボードを唯一の道具として乗る、シンプルで激しいスポーツだ。サーフィンの魅力を左右するサーフボードの性能、その作り手「サーフボードシェイパー」を訪ねた。

MACHINE SHAPE

マシンシェイプ最大の長所は微調整が正確なことです。 あなたがコンペティターならばマシンシェープを試してみませんか? 現在のコンテストの採点基準では、ジャッジは一つ一つのマニューバーに最大のパワーとコントロールを要求してい…

HAND SHAPE

ハンドシェイプの最大の長所は、何といってもボードが目の前に存在することです。 シェープルームで実物のブランクスにアウトラインを描き、実際に切り出して初めてサーフボードの大きさやフィーリングが実感できます。 ここで得られる…