スコアーのしくみ

IMG_0869-1024x765

「あれおかしいなー、いつもだった5,6点は出るのに、4点か〜、
今回のジャッジ、ひょっとして俺のこと嫌いなのかな〜?」
よくこんな話聞きますよね、でも大丈夫、安心してください。
ジャッジは好き嫌いで点数をつけません。

しかし、ジャッジのスコアーが同じライディングに対して変わってしまうことは起こりうることなのです。
今回はサーフィンの技術的な部分は抜きにして、どうしてそういうことが起こるのか、スコアーのしくみの部分から説明してみます。

サーフィンのジャッジは何をしたから何点という点数のつけ方をしていません。
オフザリップ2回してカットバックしたから5点だなんて言う決まりは何もありません。

10点満点についても同じです。
たとえば
WCTの選手が乗るパイプラインやタヒチのものすごい波での10点もあれば、同じWCTでもオンショアのジャンクな腰波での10点もあります。
この2つのライディングはまったく違ったものなのに同じように10点が使われています。
もう一つはディビジョン(クラス)が違う場合です。
プロクラスでの10点もあれば、ビギナーズクラスの10点もあります。
当然それらのライディングが大きく違うことはお分かりになると思います。
でもここで、一つだけ確かなことがあります。
これらすべての10点ライディングは、その日の試合の中で一番上手かったサーフィンだったと言うことです。

サーフィンの採点では、波のコンディションの違いによってサーフィンのパフォーマンスが大きく変わってしまうため、絶対評価ではなく相対評価を使っています。
相対評価は比較して評価するスコアーです。
新しいライディングに対して、ジャッジはスコアーシートの中でそれに一番近かった(クオリティーが一番似ている)ライディングを思い出しながらスコアーを考えます。
今のライディングがその基準のライディングより良かったと思えばそれより高いスコアー、悪かったと思えばそれより低いスコアーを入れます。
例えばこんな感じです。
今のライディングはRed3本目につけた4.5点のライディングより良くて、Yellow2本目につけた5.0より悪かったので4.7点をつけるとか言った感じです。

404987_379776555442124_335178419_n

ジャッジは雰囲気や気分、思いつきで点数はつけません。
ライディングを記憶して、スコアーを思い出し、そのマニューバを分析し、スコアーシートに書き、コンピュータに入力します。
記憶があいまいな場合はリプレイシステムを使って検証します。
これをヒート中ずっと繰り返します。

4点しか出さなかったのは、他の選手が乗ったそれより良いライディングに対して4.5点のスコアーがすでに確定しているからです。
もし6点出たとすれば、それより悪いライディングに対してすでに5.5点のスコアーを与えているからです。
ただこれだけの理由です。
ジャッジにはその選手が好きだとか嫌いだとか考えているヒマはありません。

試合中は1つのライディングのスコアーに一喜一憂せず、もし自分のスコアーが伸びないなと思ったら相手のサーファーが自分より良いライニングをしているのだと解釈してください。
相手のサーファーより良いライディングをすることで、それより高いスコアーを手にすることができるのです。