シェイプをリンクさせる

FullSizeRenderwz

こんな経験ないだろうか?

「今日は波が大きいけど、こっちの長いボード使うより、いつも乗ってる短いボードの方がどうもしっくりくるんだ、ちょっとテイクオフきついけどね~」

本当はすべての波に1本のサーフボードで対応できれば良いのですが、ヒザ波とオーバーヘッドの波とでは、波のパワーも要求されるマニューバーもかなり違ったものとなります。
すべてのサイズの波でうまく働いてくれるサーフボードを作るのは、なかなか簡単なことではありません。
そこで波のサイズによって、何本かのサーフボードを使い分ける必要が出てくるわけなのですが、それぞれのボードごとの乗り味が大きく異なっていたり、ボードが受け持つ波のレンジ(範囲)がしっかりと割り振られていなかったりすると、乗り換えをスムーズに行うことができません

私は、波のサイズに合わせて2本以上まとめてオーダーを受けた場合、サーフボードの1本1本の完成度を重視するのはもちろんですが、それらのボードが互いにスムーズに乗り換えられるように、他方のボードをしっかりと意識したつながりのあるシェイプを心がけます。

マシンを使って、拡大や縮小をすれば簡単だろうと思う人がいるかも知れないが、そんなに甘くはありません。
マシンでの拡大縮小は体重が違う2人のサーファーに対しては有効な場合もありますが、一人のサーファーに対して目的の波のサイズを変える場合には、まったく使い物になりません。
ボードスピードや波のパワーの変化が考慮されていないからです。
モデルを変えて対応することは可能ですが、その場合コンセプトが大きく変わってしまうので、ボードどうしのつながりなどは何処かへ消えてしまいます。

つながりを求めたシェイプには、独立した単独のコンセプトは不要です。

sasd

波のサイズが変わるとボードのスピードやターンの大きさ、マニューバの種類までもが変わって来ます。
小さな波の場合は、いかに効率良く波のパワーを受けスピードに変換することを中心に考えデザインしますが、大きな波では逆に、パワーをうまく逃がしながら正確にコントロールできるボードが必要となってきます。
当然、波をつかまえるために必要なパドルの速度も変わってくるので、そのための浮力についても考えなくてはなりません。
アウトライン、ロッカー、ボリューム配分、レールフォイル、コンケーブやコンセプトに至るまで、少しずつですが全体を通じてつながりのある変化をデザインの中に組み込むことが重要です。
1本のボードをシェイプするとき、残りのボードをつねに意識しながらシェイプを続け、乗り味をリンクさせながら徐々に変えていきます。

これがOGMで言う同じサーフボードです。
形も大きさも違いますが、サイズの異なる波に乗ったとき同じボードのように反応します。
このようにして作られたサーフボードのグループは波の大きさの変化に柔軟に対応します。
波が大きくなったらサーフボードをひとつ大きなものに変えるだけです。
あたかも同じボードに乗っているような感覚です。

このようにシェイプを他のボードとリンクさせることによって、あなたが、いつ、どのサーフボードを選ぼうとも、一貫した乗り味を手に入れることができるのです。