スコアーのしくみ(その3)

IMG_0718

ジャッジをしていると、選手からこんな質問を受けます。
「すごいマニューバ1回するのと、ふつうのマニューバ3回するのとでは、どっちの点が高いの?」
ジャッジ基準には、マニューバの量ではなく、質(クオリティー)に点数をつけるとはっきり書かれています。
したがって、むずかしいマニューバの入っているライディングに高いスコアーが付くことになります。

ジャッジは、採点スケールにしたがってスコアーを決定します。
採点スケールとは、ジャッジシートの隅に書かれているグッドとかエクセレントとか書かれているコレのことです。

スコアーレンジ

ライディングのマニューバを分析し、
良いライディングだなと思ったらグッドスコアーの中から、
ふつうのライディングだなと思ったらアベレージスコアーの中から、
その採点スケールの範囲の中で最適なスコアーを決定します。

ジャッジは点数にはっきりとした差をつけるため、2点や3点の低い点数で勝敗を決めるのではなく、なるべく10点満点のスケールをいっぱいに使って採点するように教育を受けています。
この採点スケールは、スコアーに幅を持たせるためにも非常に有効です。

たとえば、あるライディングに対し、ジャッジが5点をつけたとします。
ヘッドジャッジがたずねます。
「今のライディング、どうだった?」
そのジャッジは、
「良かったよ。」
と答えたとします。
すると、ヘッドジャッジは、
「良かったと思うのだったら5点じゃなくて、採点スケールのGood (6.0~7.9)の中でスコアーすればもっと幅広く10点満点を使えるよ。」
とアドバイスするでしょう。

ジャッジが10点満点のスケールを幅広く使うことによって実力のある選手が勝ち上がる確立が高くなります。
プロの試合でグッドライド(6.0~7.9)のスコアーを出すことは容易ではありません。
おそらく1本のライディングの中に、難易度の高いマニューバを最低1~2回ほど組み入れる必要があるでしょう。
これは、実力のあるサーファーでないと出せないスコアーです。
それに対して、3ポイント程度のスコアーは1本のライディングの中に簡単なマニューバを1回入れれば出せてしまいます。

何らかの事情で、その上手いサーファーがヒート時間内に、うまく波にめぐりあわず良いライディング1回しか乗れなかった場合、もしそのスコアーに5点しかついていなかったとすると、簡単なマニューバが1回しか入っていない3点ライディングを2本乗った選手に合計で負けてしまうのです。
もしエクセレントなサーフィンにジャッジが7点しか出すことができなければ、アベレージな4点のライディングを2本乗った選手に負けてしまうのです。

このように、評価を誤ると試合結果が違ったものになってしまいます。
われわれジャッジは、ライディングに含まれるきびしいマニューバを正しく評価し、素晴らしいサーフィンを行った選手がしっかりと勝ち上がって行けるジャッジングをめざしたいものです。