新しい時代のシェイパー

10429443_756434197784753_1048103761177719933_nすぐれたシェイパーは、すぐれたサーファーか?

すぐれたシェイパーであるためには、すぐれたサーファーであることが絶対的に必要な条件であると言われています。
その理由はサーフボードに働く力が、基本的には流体力学やアルキメデスの原理に基づいているものの、波という三次元的にゆがんだ曲面上をボードが滑走しているため、非常に複雑で解析しにくいからです。
このことから、サーフボードには理論的なデザインよりも、むしろ体感的な経験に基づいたデザインがとても重要なものとなっています。
シェイパーによって新しく削り出されたサーフボードは、サーファーが本当の波に乗って初めてその性能を評価できます。
そしてシェイパーには、ボードデザインを変化させたとき、ボードの特性がどのように変わるのかを誰よりも詳しく体感的に判断できる能力が必要です。
シェイパーは頭だけではなく、自分の体でボードデザインを理解できなくてはなりません。
このことがすぐれたシェイパーはすぐれたサーファーであると言われているゆえんです。

09

反対に、すぐれたサーファーはすぐれたシェイパーでしょうか?

今までの答えはNOでした。
シェイパーには、まず頭の中にあるデザインをプレーナーやノコギリといった道具を使って現実に作り出す能力が必要です。
サーフボードは複雑な三次曲面で形成されていて、これをきれいに削り上げることはとても難しい作業でした。
性能はともかく見た目だけでもまともなサーフボードを作るためには最低でも1000本程度のボードをシェイプしないと難しいのではないでしょうか。
しかしながら、近年、すぐれたシェイプマシンと扱いやすいソフトウエアの開発によってこの問題は消滅しました。
現在では一部のすぐれたサーファーが素晴しいサーフボードをシェイプしています。

無題q

サーフボードシェイプは確実に新しい時代に入ったと言えます。

これはハンドシェイプとかマシンシェイプとかいった削り方の違いのことではありません。
のこぎりやカンナを上手く使いボードをきれいに仕上げるという、いわゆる職人的だった技術とシェイプとが分離されたことで、サーフボードは純粋にその性能で評価される時代となって来ています。
シェイプマシンだって単なる道具に過ぎません。
ボードデザインを変化させたとき、ボードの性能がどのように変化するのかを理論的に、体感的に、直感的に予測し、理解し、分析できる想像力が重要です。

ボードの美しさはもちろん重要な要素だと思いますが、それ以上に重要なのがその性能です。
サーフボードを走らせているのは、まぎれもなく物理学です。
見た目だけの美しさだけでなく数学的にも力学的にも美しく性能の高いサーフボードを削るのがシェイパーの仕事です。

これからのシェイパーは、デザイナーやエンジニアとしての能力が今まで以上に重要になってくるものと思われます。

無題1